10月4日
においの少ない干し納豆を旅行に持ち歩く

海外旅行のお供にオススメなのが、自家製の「干し納豆」。お腹の調子が悪い時に食べると発酵食のパワーで、胃腸の調子を整える働きを期待できます。作り方は、納豆5パックに片栗粉を小さじ1杯、塩小さじ1~2杯を入れて混ぜ、天日で4~5日干すだけ。一緒にシソの葉を5枚ほど乾燥させて入れると、風味がよくなります。

バックナンバー

2018年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。