2月13日
皮つきのごぼうで整腸作用を期待

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、どちらも体には必要。ごぼうは、この両方を含んでいるから、整腸にはもってこい。特に、皮に栄養が多いため、泥を落としたら、皮はつけたまま調理しましょう。定番のきんぴらごぼうの他、みそ汁に入れたり、煮物も美味しいですね。これでお通じがスッキリ!

バックナンバー

2019年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。