2月24日
噛む時にあごを引くと噛む回数がアップする

よく噛むと、唾液がたくさん分泌されて口内殺菌や口臭予防に役立ち、さらに脳の活性にも。目標は、1口30回噛むことす。「でも、いつの間にか飲み込んでいて30回も噛めない…」という人は、噛む時にあごを引くと、食べ物がのどに落ちにくくなるため、自然に噛む回数がアップするはず。試してみて。

バックナンバー

2019年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。