4月4日
少しきつめの運動で成長ホルモンの分泌を

筋肉や骨などを発達させる「成長ホルモン」。細胞の代謝に関わり、若い体のキープに働きます。この成長ホルモンは、筋肉が壊れたり、走るなどの衝撃が骨に加わると、脳から「修復しろ」と指令が出るシステム。そのため、分泌量を増やすには、少しきつめの筋トレや運動がカギになります。ちょっとツラいな、と思うくらい体を動かして、若い体を作りましょう。

バックナンバー

2019年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。