4月8日
椅子に座ったままの腰回しで胃腸を活発に

胃腸の働きが低下して便秘になるのも、下腹がぽっこりしてくる原因の一つ。そして運動不足だと、内臓の働きも悪くなります。職場などで大きな動きができない場合は、椅子に座ったまま、両手で椅子の背をつかんで腰をひねりましょう。この時、腰から下はできるだけ動かさず、上半身をできるところまで後ろに回して。この姿勢を10秒キープし、逆回しも。それを何度か繰り返すことで胃腸の働きが活発になります。

バックナンバー

2019年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。