4月24日
尿酸値が低い人はビタミンA・C・Eで若返りを

健康診断で「尿酸」が高いと「痛風」が心配されます。でも、逆に尿酸値が低い人は「酸化ストレス」が高い体の可能性が。尿酸は活性酸素を消す働きがあるので、数値が低い人は、体の酸化が進んでいるかもしれません。酸化は体を老化させるので要注意!尿酸値が低い人は、野菜などに多いビタミンA・C・Eなど、抗酸化に働く栄養をとり、若返りを目指しましょう。

バックナンバー

2019年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。