ドルチ

軽いものしか食べ(られ)ない

対インフルA型戦線、観察3日目。

すぐの投薬によってすんなり解熱し、遊び呆けていた夫とご母堂。けれども遂にインドア三昧に飽きてしまったらしく、携帯ゲーム機たちが「またしばらく暇になっちまうねぇ」とでも言いたげに転がっていた。

熱は下がっても、それなりの量の汗はかいていたようだ。長期滞在を受け入れた布団はじっとりと重たくなった。
明日の予報と相談の上、もし晴れるなら外に出して干したい。

さて、快復した彼らは明日から復帰する。ほどほど頑張っておいで。
私は少し疲れちゃったな。

明日は昼まで粘って病院だ。色々と先生に訊いてみよう。

洗濯物を干すにも、洗い物をするにも、工程ごとにいちいち息切れする事。
貧血か酸欠、それとも両方?
こんなに疲れやすくなるなんて、全くの盲点だった。
(今後、まだお腹の目立たない妊婦さんが困っているのを見かけたら、きっと助けに行こう…)

ここ数日の疲弊には我ながら面食らったものだが、普段交代で回していた掃除洗濯台所を一手に引き受けたせいにはしたくない。
世の先輩ママさんと比べたら屁でもない、そう思いたい。

あれだ、そうだ、今は吐き疲れ(?)のせいにしておこう。
今日は通常食も諦めて、レンチン豆腐にポン酢でいい。それくらいにしよ。

枕元には酢昆布ほか、オヤツを置かせてもらおう。
夜食かも知れない。いや、大切な悪阻対策だ。私にとってはそうなんだ。

そうだよ、家の中くらい、いいよなあ…

楽をさせて頂きやす。

2018-01-31 20:35:27