ドルチ

研究会と夜食と晩酌(ノンアルコール)

英語を一緒に勉強しているネット仲間が3人居る。どいつもこいつも気のいい連中で、ついに邦人の友達より長い付き合いになってしまった。
インド人、メキシコ人、ロシア人。そして私は日本人…
英語が母国語というメンバーが一人も居ない、何ともいい加減な英会話研究会だ。
毎週1時間ほど、料理や食生活のフリートークをなるべくわかりやすい英語で…ルールは以上。

彼らとは、かれこれ12年来の付き合いになる。
インド人にキリスト教の勧誘をされかけたのがきっかけだったように思う。
「信仰は簡単に変えられないけど、手伝える事があれば頑張るから教えて」とお断りしたところ、がっかりされるどころかウケてしまったらしく、仲良くなった。それから教会にも出入りするようになり、気づけばこの奇妙な会合に誘われていた。

今ではPC越しに好き放題訛りまくった英語でメシ事情を語り合うチャットルームである。陽気な食いしん坊が大集合か。

実際のところ、ほとんど英語の勉強にはなっていない。
文法・発音をぶった斬り、陽気にしゃべくるスキルだけがダダ上がる。
そんな事だから、30代前後の各国の冴えない中年予備軍たちの憩いの広場と化している。
全くビジネスなんかには活かせない「あたまわるいんぐりっしゅ」づくしの時間だ。

世の中、よくわからない事ばかりである。

何かおいしい利点にありつけているとすれば、スパイスの効いたおつまみレシピが年々レパートリーに加わっていく事だろうか。
そのどれもがビールによく合う事だけは、まぎれもない真理なのであった。

月と地面に挟まれている限り、どの国に居ようともビールは旨い。
今回は念の為、ノンアルコールで乾杯した。

明日(あ、いや今日だ)には手術の前泊入院が控えている。絶食の約束がある。
メンバーにはそれだけ伝え、2週間くらいお休みするね、と付け加えておいた。

皆は突っ込んだ質問なんかはしないでくれた。代わりに「回復したら小旅行してみたら? 1,2週間くらい」とさ。大いに検討しようと思った。

大阪に来てから、ほとんどお出かけらしいお出かけをしてこなかった。新婚旅行も行っていなかった。クタクタになるまで仕事や家事をして、寝る為だけに万年床の煎餅布団に倒れ込んだ。それが普通だと自分で自分を納得させてきたつもりだったけど、まあ、うん…完全な納得は得られないんだよな。良い訳ないわな、そんな生活。

何日間か、どこかに行ってみよう。
ここではないどこかだ。

2018-02-14 00:43:23