ドルチ

憂鬱を理由に休止か移転を考える

昨日、手術の日取りが決まった。

若年層のガン治療って(罹患者そのものが少ないのもあるのかも知れないが)、中高年ほど関心を持って話題にされる事はないらしい。先人の意見に触れたかったが、情報収集には難航している。

癌だけでない。あらゆる傷病を、弱みやハンディキャップとして隠しながら働き続ける…そういう人達がゴロゴロ潜んでいたりする。誰もが皆生きづらい社会構造が背景にあるのかも知れない、と思った。

そして多くの場合、若さゆえに成長途上の懐にも治療費がのしかかってくる。若さゆえに細胞分裂のペースが早く、正比例の如く進行も早いのだと考えられる。

…「若さゆえに」だ。

イヤミっぽい? よろしい、まさに狙い通りである。私もまた「若い」もので、敢えて強調しているのだ(大人げない31歳)。

だから予算と相談しつつ、限りなく「徹底抗戦」に近い姿勢をとる事になる(大人しく従っていると、概ねそんな感じの流れになっていく)。

生易しい事はやってられない、と新しい担当医から釘を刺された。早々に弱音は吐けなくなった。

そんなこんなで、私は通院を再開した。婦人科を離れ、既に抗がん剤治療が始まっている。きっと、資金がもつ限り続けるだろう。

薬剤選びは国内認可のものから。かつ強め(含副作用)のものから始めよう、そんな方針で為すがままのモルモット役を務める次第である。

点滴の垂れていく先は静脈に続いているようだった。薬がとうとうたらりとうたらり、と流れるさまを眺めていると、ナースさんからゲロ容器を渡された。

要らんよそんなんー。
要らんてー。

……要る! やっぱり要る!! 要る要る!!
げろげろげろ…

多少シンドイ事があっても、身体と薬の相性は見定めてみないとわからない。当分は辛抱するしかないのだろう。

パートの契約は今月末で終わる。これまでさんざん捌いてきた雑務の自動化は整った。その他の引継内容はUSBメモリ1本ぽっちにまとまってしまった。バディーはそれを読み出して、後任となる社員さんに振り分けてくれるだろう。そういう手筈だ。

仕事はクリアだ。バッチリだ。仮に途中で出社できなくなっても何とかなる。大丈夫…そりゃあ円満退社が一番だけど。

色々とキリがついてくる時期だった。そういう事と関連があるんだかないんだか、髪を切りたくなった。無惨に禿げ散らかす前に、少しの間だけ整えておきたいと思った。

美容師さんに「ヘア・ドネーション」の事を尋ねてみた。治療の影響で頭髪を失った癌患者さんのためのウィッグ材料として、この毛を寄付するという活動だ。

私の頭髪は、癖毛はともかく…地毛にしては茶色めなのが気がかりだった。しかしその点に問題はないという。むしろ丈夫なロングの毛は歓迎される。美容室できっちりと切り出された毛束なら尚更という。ならば、多少の役には立つ筈だ。

即決したその場で断髪式をキメてもらった。大きな束ができた。
きれいに整えてもらうと、私の頭はベリーショートになっていた。意外に似合うものである。

家に帰ると、ご母堂や妹君に頭を撫で回された。特に頭の形をほめられた。「賢そうなフォルムね」と言って喜んでいた。

しかし寒い。

3月に入ったら子宮全摘の手術を受ける。脳には放射線、その後も抗がん剤を打ってもらう。治療計画は「徹底抗戦」の姿勢も相まって、無慈悲なまでに充実している。
道場か何かとでも思って、淡々と通ってみよう…

それにしても、保険適用でここまでできるんだなあ、と思った。

一方で、まだ脳内は喪に服したまま、胎芽ロスを抱えているのも事実だ。今ひとつ、うだつの上がらぬ日々を過ごしている。罪の意識もある。励まされて元気になれないどころか、元気にならなきゃいけないのかと思うと、息苦しくなった。

この先もしばらく、明るいコメントにはついていけないと思う。「ほんまナシやで〜」っていう人、実際おんねん。
…こんな事を書いてしまうと、全く別の人に気を遣わせる。当の本人には響きもせず、掠りもしない事が多いというのに。
だから迷ったし悩んだけれど、敢えて書く事にする。

言葉が出ないなら出ないままにしといてくださーい!!
下手におちょけられても結構傷つきまーす!!

ほんでなあ…ほんでなあ!!

私まだ、あなたの友達とちゃうんちゃう?
出会って数日で「ツーと言えばカー」が通るなら、戦争なんて起きませーん!!

…こらホンマやで。

Twitter等では「厭なら見るな」という考え方もある。全部が全部そうしろというものではないけれど、様々な人間が同居するSNSでは、それぞれの微妙な距離感や文化感覚の違いに気をつけとかないと痛い目を見る。

そう、先に「これなんか違う」と気付いた時に、私は黙って去るべきだった。いよいよ「ままのわ」内での場違い感が半端ないぞ…

このアカウントだけは、半年くらい残しておこうと思う。「様子見」としておきたい。
何せ、現在の自分の判断力にはまるで自信がない。ほとほと困ってしまったので、下手な真似に出ないように、立ち止まっておこうかなあ、と…

同時に、何か書きたい事が出来たら、ブログでも借りて乗り換えようかな…とも思っている。

私に必要なものがあるとすれば、適切な車間距離だ。私は今、マトモでない事だけは分かっているつもりだ。遠くない内に事故りそうだ。
そうならない今の内に、申し上げておきたい。

ぶつかって事故ったりせずに済む距離が欲しい。

私は誰も彼もを友達なんて言えないし、安易に友達ヅラしたくない人間だ。べったりしたくないし、されたくもない。

そんなに友愛の心に満ち溢れているのなら、スマホをスリープして外に出てみてよ。
目の前の隣人にこそ、目配り気配りしてあげてよ。

私は大丈夫なんで。
…こらホンマやで(重要)。

2018-02-24 19:13:56